反射して照射する太陽光

太陽光などが気になる季節である夏の間は、日が照っている時に気をつけている方は少なくないです。

 

曇りの日や雨が降っているt期には日焼けはしないのではと勘違いしている女性もいるのですが、実は曇りの時も雨が降っているときにも散乱光という太陽光がしっかり降り注いでいますので、UVカットクリームなどをしっかり使用しないと肌を焼いてしまう恐れがあります。

椅子と絵画と花

かさなど使用しているので上からの光をカットすることができると思い込んでいる方も多いのですが、実は太陽光などは地面に反射して顔に照射されているので、帽子や日傘で上からの光を遮ったとしても、下から直接肌に太陽光が当たってしまっている場合も少なくないのです。

 

もしUV対策をしっかり行っておかないと、すぐにはわからないのですが、年齢を重ねることで肌にシミやシワができやすくなってきてしまい、肌の状態が悪くなってしまうのです。

 

この加齢に伴うシミの最大の原因は若い頃にたくさん浴びてしまった太陽光だとされていますので、若い頃からしっかり肌が焼けてしまわぬようにしっかり対策をとっていくことが大切だとされています。特に肌の露出が高い夏の季節はほかの季節に比べてケアが必要です。

コメントは受け付けていません。