重要な役割の骨

骨は身体にとても大事な役割を果たしてくれていますので、丈夫にしっかりとしたものに育てておきたいものです。

 

 

そして骨をしっかりと丈夫にするためには、まずは運動不足に気をつけたいですから、こまめに運動するように心がけましょう。
そして栄養もまた大切なもので、カルシウムは骨のためにとても大事な栄養素ということで知られています。
そしてビタミンDもまたとても大事な成分でカルシウムの吸収を助けるためにはとても大事な成分です。

 

 

そして、ビタミンDは食事から取ることもできますし、日光によっても体内で作られるので日光浴も取り入れていきたいもいのです。

 

 

とはいえ、強い日差しは肌には良くないことで知られており、しみやシワのリスクも高まってしまいますので、女性の場合は抵抗を感じる場合もあるかもしれません。

 

 

とはいえ、日光にはそれほど長くあたっている必要はなく、3分で十分と言われています。

椅子01

 

 

それから日差しの強い場所でなくても日陰になっている場所であっても5分から10分程度でも生成効果があるとされています。
そして日光も身体全体に浴びる必要はなく、手の平だけでも十分効果があるとされています。
手の平は新陳代謝が激しい場所ですので、しみになりにくいというメリットもあります。”

コメントは受け付けていません。