こまめな塗り直しが効果的

日焼け止めには、すべての商品にSPF値というものが定められています。これは、1から50まで範囲があり1は20分~25分程度、何も塗らない状態から日焼けするのを防ぐ時間とされています。すなわちSPF値に20分~25分を乗ずることでおおよその日焼けを防ぐ時間が分かります。

 
ですが、日焼けを防ぐために数値の高いものを塗っておけばいい、というものではありません。数値の高いものを長時間塗っていたり、常用していると長時間日焼けを防いでくれると同時に肌に対する負担も大きくなってしまいます。配合されている成分により肌の乾燥を引き起こしたりするものもあります。なので日焼けから防ぎたい時間に合わせた必要最低限の数値のものを選ぶことが重要です。

ベッド
日焼け止めは塗る最適量を守り、こまめな塗り直しを行うことで効果を保つことができます。必要な量は1平方cmあたり2mgずつ塗ることが重要です。そして汗や皮脂などで落ちることにより効果が薄れてしまうので、タオルでふき取ったりした場合など、塗り直す必要があります。

 
日焼け止めを塗ったあと、さらに日焼け止め成分が配合されている化粧品を重ねたりするだけでも効果を高めることができます。

コメントは受け付けていません。