SPFの正しい選び方

日焼けをしないために。またシミやそばかすといった肌トラブルを避けるためにも、日差しを防止することが最も大切です。

 

日差しを防止するためには、様々なアイテムがありますが、最も効果的で取り入れやすいのが「日焼け止め」です。

 

塗るだけで日差しを予防できるため、長袖や長ズボンなどで厚着をする必要はありませんし、荷物も少なくて済みます。そのため、日差しの強くなる夏ごろには大活躍するアイテムです。
日焼け止めには様々なものが販売されていますが、参考にしたいのが、商品に記載されている数値です。いくつかの数字やアルファベットなどが書いてありますが、これは日差しを予防する数値となっています。

 
太陽の光には、当たると肌が赤くなって、やがて黒くなる作用があります。これは、「UV-B」という光線の種類によるものです。
色白の美しい肌を保つため、また肌トラブルを避けるために、このUV-Bは予防しなければなりません。

テーブル

 
UV-Bを予防するためには、日焼け止めを選ぶときは「SPF」の数値をもとに選びましょう。この数値は、およそ20分を1単位としていて、数値が1上がるごとに、20分太陽の光を防止することが出来ます。つまり、高ければ高いほど、予防する時間が長くなります。

 
少しの時間の外出は数値の低いものを、長く外に出るときは、数値の高いものを選ぶと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。